Smartagri Plus

テクノロジーで農業の未来を豊かにする

AI・ロボット、IoT等の技術を生産現場に導入し、
理想的なスマート農業を実証するためのコンサルティングソリューションを提供

スマート農業技術を活用した超低コスト輸出用米生産実証(農林水産省)

農林水産省が実施する、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の交付先に、当社の実証課題が採択されました。(平成31年3月)
米の輸出拡大を進めて行くために、スマート農業技術と多収品種を組み合わせ、主食用米並の所得が得られる超低コスト輸出用米生産に取り組んでいます。ロボットトラクターや密苗対応オート田植機の導入により、農作業の効率化と低コスト化に着手、リモートセンシングや収量コンバイン、ほ場管理システムを活用した生育管理により収量向上を図り、生産価格の低減につなげるソリューションを開発しています。
事業パートナー:(株)ライス&グリーン石島(本社:茨城県下妻市今泉、代表取締役社長:石島 和美)

果樹のリモートセンシングによる自律化ロボット実用化開発(経済産業省)

高齢農家が多い果樹産業を支援するために、人工知能(AI) による果樹農業データプラットフォームを構築。リモートセンシングによる自律型ドローン&クローラー型農業ロボット、及びマニピュレータ系農業ロボットの実用化開発に取り組んでいます。

共同研究:株式会社ユニリタ(3800:東証JASDAQ、本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:北野 裕行)

当社では、AI・ロボット開発だけでなく、圃場の生産性を上げるための再設計も行っています。