Smart Agriculture Spirits

テクノロジーで農業の未来を豊かにする

スマート農業とIoTやAIの普及は「モノが主役の社会」から「データが主役の社会」へと社会構造を大きく変貌させ、新世紀は「データの世紀」と言われていいます。

安倍首相は平成31年1月の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で「世界経済の成長エンジンはもはやガソリンではなくデジタルデータで回っている」というメッセージを発信し、データの流動性がビジネスの世界で高まっていることを改めて強調しました。

現在、グローバル社会では第四次産業革命が進行し、人の活動によって蓄積されてきたあらゆる領域での膨大なデータがAIで分析され、IoTによって運用され始めており、日本政府が提唱するSociety5.0も人とAIが共に進化し、ともに社会課題を解決することが目指すべき姿となっています。

農業はこれまで篤農家や暗黙知といった、まさに人が織りなす産業でしたが、今後加速する農業のデータ化によって、これまで考えられなかったようなビジネスモデルに大転換することも考えられます。