会社概要

テクノロジーで農業の未来を豊かにする

会社概要

会社名 GINZAFARM株式会社
所在地 <本社>
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-1 北有楽ビル2F

<AIラボ>
〒174-0041 東京都板橋区舟渡3-22-4 MIC第ニビル2F

<南相馬ロボティクスセンター>
〒975-0036 福島県南相馬市原町区萱浜巣掛場45-245

<研究農場>
〒304-0007 茨城県下妻市黒駒222番1

代表者 飯村 一樹 ご挨拶
設立 2007年10月5日
資本金 174,714,500円(準備金除く)
事業内容 サービスロボット及びドローンの開発・製造・販売

マルシェプラットフォームの運営

新規農業参入サポート Farmup®の運営

関連会社 株式会社ファームロイド

沿革

2007 10月 銀座農園株式会社を設立
2009

2月 銀座農園株式会社を創業、事業スタート

5月 「銀座でコメづくり2009」プロジェクト

2010

4月 有楽町にて「交通会館マルシェ」開業

10月 香川銀行・徳島銀行と業務提携、「徳島・香川トモニ市場」開業

2012 10月 シンガポール法人 GINZA FARM SINGAPORE設立、高糖度トマト生産開始

11月 茨城県下妻市に農業生産法人を設立、高糖度トマト生産開始

2015 3月 タイ王国での高付加価値農業開発プロジェクト(F/S)始動

12月 小田急電鉄㈱と高糖度トマト事業に関する資本提携

2016

4月 八十二銀行と販路開拓支援に関する業務提携

2017 7月 日本薬科大学と業務提携、「FARMACY’S」開業

8月 JA東西しらかわと業務提携

2018 2月 凸版印刷株式会社と資本提携

4月 福島県南相馬市にロボティクスセンターを開設

2019 5月 東京都板橋区にAIラボを開設

10月 JAXA 宇宙探査イノベーションハブに採択

2020 9月 四国電力株式会社 高知県南国市におけるスマート農業への取り組み
2021 3月 株式会社ゼンリンデータコムと業務提携

9月 GINZAFARM株式会社に社名変更