【NEWS】総務省・農林水産省ローカル5G実証プロジェクトが日経CNBCで紹介されました

令和3年度総務省は『新型コロナからの経済復興に向けたローカル5Gを活用したイチゴ栽培の知能化・自動化の実現』などで埼玉県のいちご畑にて実証事業を行っています。
FARBOTがハウス内を自動で走行し、A Iによるイチゴの熟度別数量カウントや病害検知を当社の役割として実証しています。

IT化を行ないスマート農業を実現する取り組みです。

FARBOTの実際の作業の様子が紹介されています。ぜひご覧ください。

 

TOPへ戻る