国内初LTE通信による航空管制システムを活用した薬・検体配送ドローンの飛行試験を実施しました

LTE通信網による集中管理方式でドローンの遠隔操作を可能にする技術実証です。

GINZAFARM株式会社(東京都中央区銀座1-3-1 代表取締役 飯村一樹)は2021年12月28日、福島県南相馬市小高区でLTE無人航空管制システムを活用した小型無人機(ドローン)による薬・検体配送の飛行試験を実施しました。
今回は、令和 3 年度 地域復興実用化開発等促進事業費補助金で採択された「LTE 無人航空管制システム活用無人飛行ドローンによる薬、検体配送システム実用化」の実証試験となります。南相馬市のご協力のもと、同市小高区福祉サービスセンター(福島県南相馬市小高区本町2-89)から株式会社菊池製作所南相馬工場(福島県南相馬市小高区飯崎南原65−1)までの約5kmの区間、国内初となるLTE通信、航空管制システム双方を活用した薬・検体配送ドローンの飛行試験を行いました。

開発中のユーザーインターフェースとなる航空管制システム上でルート設計を事前に行い、LTE通信でのドローンへの無人飛行を実現しました。また実際の利用ケースや安全性などを想定し、飛行中の様子や配送先の状況などを管理者が確認出来るよう、ドローンにカメラを取り付け、その映像を伝送しリアルタイムでユーザーインターフェース上に表示することも行いました。ユーザーインターフェースではフライト情報も表示し、機体状況(位置や高度)の確認も行うことが可能になります。

特に中山間地などの地域医療においては、病院までのアクセスや処方薬を受け取ることが高齢者やその家族に負担となっています。緊急時のみならずオンライン診療も普及する中で、そのような課題解消に備え、いち早く薬・検体配送の実証に着手することとしました。

LTE通信網の活用で、コントローラーで直接ドローンを操作することなく、PC画面上のフライト設定による遠隔操作が可能となり、広範囲でのドローン飛行設定を行うことが出来ます。将来的には本実証で開発される遠隔技術により集中管理方式となるドローンコントロールセンターを設置することを想定しています。例えば実証地の福島県南相馬市内にセンターを設置した場合においても、全国に配備したドローンを遠隔管理することにより本配送サービスの提供が可能になります。

TOPへ戻る