福島県 地域復興実用化開発等促進事業費補助金に採択されました

テクノロジーで農業の未来を豊かにする

令和3年度福島県地域復興実用化開発等促進事業費補助金において、弊社の提案した「LTE 無人航空管制システム活用無人飛行ドローンによる薬、検体配送システム実用化」の採択が決定しました。

以下福島県HP産業振興課より本事業の趣旨となります。

〜〜

本事業は、福島県浜通り地域等の15市町村において、福島県の復興促進を目的として実施されるものです。

地元企業等との連携等による地域振興に資する実用化開発等を促進し、同地域の産業復興の早期実現を図るため、支援を行います。

また、福島イノベーション・コースト構想の重点分野産業の裾野を広げ、復興の加速化を進めます。

〜〜

実証内容は以下の通りです。現在販売準備中の弊社ドローンSKYBOTを用いて、無人環境下での航行について実証を行います。

「総合病院に事前配置したドローンが、発着場所にいる人が操縦することなく、中山間地への処方薬の配送や検体輸送をする配送システムを実現する。

運行は航空管制システムによる集中方式で、LTE 携帯電話通信網により事前配置されたドローンを遠隔で制御する。

配送も RTK を活用し、高精度な制御によるピンポイント投下、着陸の実用化を目指す。」

というものです。福島県が公表している採択結果についてはこちらの資料のp10に記載がございます。

(https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/456869.pdf)